2012年09月24日

EF50mm F1.8 II

こんなにカメラにハマるつもりはなかったのだけれども・・・。

子どもが生まれたのをきっかけに、ちょっといい写真を残したくて一眼レフを買うことにしたのが、およそ一年前。ビックカメラで、Canon EOS Kiss X5のダブルズームキットを買った。パパの一眼レフデビューとしては妥当なお買い物だろう。

そのとき、一緒にCanonの「EF50mm F1.8II」というレンズを買った。カメラを買う前に相談した写真好きの友人が、「明るい単焦点のレンズがあるといい」とアドバイスしてくれたから。

このレンズがまあよく写ること。コンパクトデジカメではフラッシュを使わなければどうにもならないような、室内の、それも少し暗いと感じるようなところで撮っても、十分に明るく写ることに感動。今、見返すと、開放しまくりでISO感度上げまくりの粗い写真なのだけれども・・・。

恥を忍んで
IMG_1224
IMG_1224 posted by (C)scotchegg


後日、このレンズに「撒き餌レンズ」という別名があることを知った。1万円を切る価格で単焦点の写りのよさを味わわせ、次々と物欲がわくようにしむけるから、らしい。

うーん、してやられた(笑)。

---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---
posted by scotchegg at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

EF-S60mmマクロ

花を撮るのが好きなので、マクロレンズに挑戦したいと思い、池袋のソフマップで中古で買ってきた。

他に検討したのは、シグマの「MACRO 70mm F2.8 EX DG」。「カミソリマクロ」と言われて評価の高いレンズだ。
ただ、このレンズは、ピントを合わせるときにレンズの先端が「ニョッ」と伸びる。これがあまりかっこいいとは思えない。「画質を優先して」とのことだが、散歩がてら気軽に持ち出して道端の小さい花を撮りたい、というなら、見た目の好みもそこそこ重要。なにせ、使う気がそがれてしまえば宝の持ち腐れだから。と思い、「EF-S60mmマクロ」を第一候補とした。

Web上では、「将来フルサイズに移行したときにEF-Sレンズは使えない」ということからシグマを推す記述も少なくないのだが、画質より見てくれを選択したオイラが簡単にフルサイズに行くとは思えない(笑)。

そんなときに立ち寄ったソフマップに、「EF-S60mmマクロ」の中古品があった。で、25,000円くらい。マップカメラのWebで調べた価格より安く、見た目は新品同様。中をのぞいても、大きなホコリなどは見つからなかった。・・・で、この出会いに感謝して連れて帰ってきた。


まずは「マクロ」としての威力をためし撮り。

シグマ「17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 50mmで寄れるところまで寄ってみた写真↓
IMG_3046
IMG_3046

キヤノン「EF-S60mmマクロ」で寄れるところまで寄った写真↓
IMG_3047
IMG_3047

・・・うーん、マクロってすごい!(笑)

「ダンシングレディー」の舞台に見立てて一枚。
室内でそれなりに寄って撮ってみた。ISO高めで、カメラはテーブルに置いて撮影。
IMG_3414
IMG_3414

屋外で手持ち撮影。
IMG_3454
IMG_3454 posted by (C)scotchegg


いずれの写真も、カメラはCanon EOS 7Dを使用。
キヤノンのAPS-Cだと30mm前後が標準の画角になるから、60mmはやや望遠。30mmくらいで撮るときには背景に写りこむものに気を遣う必要があるが、60mmだと「これを撮りたい」の「これ」を必要十分に切り取ってくれる感じだろうか。

なかなかいいおもちゃを手に入れたぞ!!

---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---
posted by scotchegg at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする