2017年03月10日

SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

6E0DC451-76F4-497A-ACAB-5B094F6491E2.jpg

標準ズームを新調。
これまでのsigma 17-50 F2.8から、sigma 17-70 F2.8-4へ。明るさと引き換えに望遠端20mmを手に入れた。スナップにはこの20mmが大きい。また、70-200との連携もスムーズだ。

120D4C07-7E5C-41D3-92C8-A670E4FB3A7F.jpg
大きい方はsigma 24-105。撮れる画角はフルサイズ+24-105≒APS-C+17-70だから、5D3と7D2がほぼ同じ大きさとすると、レンズをこれだけ小さくできる分、装備は軽くなる。価格も実売で半額以下だろう。

画質を考えればフルサイズなのだが、軽量安価なAPS-Cのシステムは理にかなったものであると、あらためて思った。

あ、先日、高倍率ズームを勧める記事を書いた(鎌倉へ 高倍率ズームのススメ: 流れ星観測日記)が、それよりちょっと画質を求めたい方には、最初の一本にオススメのレンズである。

実写はまたこんど。

-----
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
-----
posted by scotchegg at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

鎌倉へ 高倍率ズームのススメ

先日、おしごとで鎌倉へ。いい天気でなによりでありました。
ついでに自分の撮りたいものも撮ってしまえ。

今回の機材は、
Canon 7D Mark II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
いわゆる「高倍率ズーム」であります。

先日、Canonから EOS9000DとKiss X9iが発表されたので、これを機にカメラを始めようという方もいらっしゃるのではないか。そんな方には、18-55と55-250のつくダブルズームキットよりも、18-135キットとか、ボディ単体とこのSigma 18-250とか、とにかく高倍率ズームをおすすめしたい。
というのは…

報国寺の門をくぐったところで一枚(18mm)↓


上の写真の左側の樹の陰にあった観音さま
植え込みに踏み込むわけにいかず通路から一枚(73mm)↓


構図の巧拙はおくとして、ダブルズームキットはここでレンズを換えることになる。写真を撮るのが主目的ならばともかく、デートとか家族連れとかで出かけて、もそもそとレンズを交換するのは手間である。このあたりで「一眼レフ買ったけど、なんかめんどくさい」と思ってしまう人がいたらもったいない。

「不便な道具で工夫してこそ上達する」とか「高倍率ズームは画質がよくない」とかいうことで否定的な意見も散見されるのだけれども、「上達」や「高画質」を求めるには、まずたくさん撮ってみないと。

ということで、オイラは高倍率ズーム推進派なのでありました。







-----
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
-----
posted by scotchegg at 18:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

LUMIX G VARIO 14-42mm / F3.5-5.6 II

大きな箱の中から…
gx1-02.jpg

マトリョーシカのように出てきた小さい箱…
gx1-04.jpg

何の変哲もない標準ズームで、キットレンズとしても出回っているらしい。
ただし、キットレンズがプラマウントなのに対して、今回入手したのは単品で売っているもので、金属マウント。
mapcameraのネット販売で買ったのだけれど、箱までついてきてちょっとうれしかった。

明るいレンズ大好きのオイラとしては、めずらしい買い物。
先日、GX1+20mm/1.7を記録用に持ち出したとき、大きさはちょうどよいのだけれど、記録用に使うにはやはりズームができたほうがよいこと、サッと撮りたい場面で20mm/1.7のAFがおそいこと、が気になった。
そこで物色していて見つけたのがこれ。

両者を比較すると、14-42のほうが長いけど細い。
gx1-05.jpg

このレンズ、25mmで最もコンパクトになって、望遠側、広角側それぞれに回すと伸びる。
最も長くなるのが広角端の14mmで、このくらい
gx1-07.jpg

一番はじめにGF2を買ったとき、キットレンズで14-42のI型がついてきたのだけれど、望遠側に回すとニョキっと伸びた。それがちょっとかっこ悪いなぁと思った。
GX1を買ったとき、電動ズームの14-42PZがついてきたのだけれど、やはりズームは手動のほうがやりやすいと思った。
今回、どうせなら一番古い14-45を中古で探そうとしていて、ふと目に入ったのがこれ、14-42のII型。

マイクロフォーサーズにとって、この小ささは正義だよ、きっと。

…しかし、スタイルとして好きなのはこれ↓かなぁ。
gx1-01.jpg

-----
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
-----
posted by scotchegg at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

5D Mark…

おや⁉︎
2F212409-1ED2-475E-81ED-A8741741A205.jpg

でんっっ!
C39B6943-7DD3-46ED-B27B-DE10F4453331.jpg

さすがにMark IVではありませぬ。
が、買ってしまいましたよ…5D Mark III。

新品ではないけれど、極上の中古があったので、思いきって6Dと替えっこしてきた。メーカーの1年保証がちょっと伸びた(笑)

以下、また言い訳。

(1)6Dのこと
軽くていいカメラだ。画質も申し分ない。

でも、オイラの撮り方には11点AFでは足りなかった。いや、はじめはそれを承知の上で、構図を考えながら腰を据えて撮るなら構わないと思っていたのだが、どうにも動くものを追いかけてしまう性分らしい。

それから、ボタンの配置が7D2と少し違うのが気になった。とくに、AFとDRIVE。7D2は両者が一つのボタン、6Dは別個になっている。AFの固定と追従を切り替える所作を、7D2ならばファインダーを覗きながらできる。が、6Dではその位置に目的のボタンがない。操作系という点では、6Dは70Dや80Dと親和性が高いようだ。

いずれも、6Dを買ったときからわかっていたこと。しかし、思ったよりも慣れなかったのだ。

(2)5D MarkIVのこと
当然、5D4が出たことは知ってる。けど、高いよ( ̄◇ ̄;)

負け惜しみを並べるなら…
3000万画素はいらない・タッチパネルは使わない・動画は撮らない
…というところだろうか。

とはいえ、ウチに来た5D3の前のオーナーは、買ってすぐに5D4が出て、乗り換えるために手放したのかも。こちらとしては、願ったりかなったりだ。


Facebookの「過去のできごと」によれば、5年前のちょうど今ごろ、Kiss X5を買ってカメラデビューしたらしい。あのときCanonじゃないメーカーを選んでいたらどうなったのかな。ちなみに、いまCanon以外でいいなと思うのはNikonのD750。「ナナハン」みたいな名前もかっこいいんだけど、Canonであの仕様があの価格で出てたら、すぐに飛びついてるだろうなぁ。


-----
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
-----
posted by scotchegg at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

EF 50mm f/1.4

26953504-20EF-4BF0-A3BB-1BA4AE261755.jpg

3A6C4075-A9EB-4728-A36A-9115A0DBAD9D.jpg

6D0AE9C4-F75D-44C1-A8FC-E08D12076EBB.jpg
EOS 6D + EF50mm F1.4

フルサイズに50mmは標準と言われる。
6Dという、連射が速いわけでも、オートフォーカスが優れているわけでもない、なんの変哲もないカメラに、50mmという、広角でも望遠でもない、寄れるわけでもないレンズをつけたら…「ザ・標準」。

引いて全景を入れようにも、下がるには限界がある。とはいえ、桜の花一輪に寄れるわけでもなし…。何を入れて何を省略しようかと、考えながら撮ってみる。なかなか難しい。

でも、「ザ・標準」は、いま原点に立っている、というワクワク感を与えてくれる。

---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---





posted by scotchegg at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

6Dのこと

買ってしまいましたよ…6D。
あんなに「いらん」と言っていたのに。

20160228_051755007_iOS.jpg
ちなみに7D2に24mm、6Dに40mmのパンケーキ↑


以下、言い訳。

(1)7Dの事情
7D2がわが家に来てから、7Dは二番手になった。
とはいえ、望遠と広角の2台持ちのときとか、ここぞというときに活躍してくれた。
また、電池の消耗のはげしい7D2に比べて燃費のいい7Dを、日常のスナップで持ち出すこともあった。
ただ、撮った写真をiPadに取り込んで選別し、Flickrにストックしている現状では、CF仕様の7Dで撮影するとiPadのSDカードリーダーが使えないので後処理が億劫になってしまった。

(2)マイクロフォーサーズの事情
日々持ち歩くにはコンデジのS110の使い勝手がいい。
カメラを持ち出すならば一眼レフが気持ちいい。
そんななかで、自分の中のマイクロフォーサーズの位置づけが中途半端になってしまった。

(1)+(2)→6D
ということで、キヤノンのシステムからは7Dと60mmマクロと28mm、マイクロフォーサーズシステムからは、2台あったGX1の1台と、20mmパンケーキを除くレンズ全部を下取りに出し、6Dを連れて帰ってきた。
ことに7Dは、本格的にカメラを趣味にしようという気にさせてくれた一台なので、手放すのはさびしいのだけれど、手元に飾っておいて動かなくなるのも忍びなく…。

結局は欲しくなったの。
正直なところ、メカを操作している感覚としては7D2はもとより、7Dのほうが気持ちいい。
しかし、出てくる画はさすがフルサイズと言わざるをえない。一瞬、7D2と6Dを結合させて5D3に変身させようか、という悪魔のささやきが聞こえた。
でも、6Dに24-105、7D2に70-200(換算112-320)で、ほぼ切れ目なく撮れるので、一台体制にはしない…と思う。

画はまたそのうち。

---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---
posted by scotchegg at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

パンケーキレンズ 24mm

D5FFEA70-0187-404A-9F23-2B15F2CDBACF.jpg

EF-S 24mmF2.8 STM &270EX II
…を、EOS Kiss X5に。
もちろん7Dにも使えるけど、このレンズとストロボはKissに似合う。

レンズフィルターは、いつもはPRO1だけど、あえてマルミの色つきに。
「本気」よりも「遊び」の雰囲気を出してみた。

また、久々にいじってみると、X5は必要十分なスペック。名器だと思うよ。


---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---
posted by scotchegg at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

ミニ三脚で夜の撮影 -Manfrotto MP3-D01

通りすがりで撮りたくなった風景
機材は、いつも持ち歩いている
Panasonic LUMIX GX1+LUMIX G 14mm/F2.5

自分なりの完成品
露光時間は10秒 F8.0 ISO200 ↓
1208-3
1208-3

これ↓使ってみた。しばらく前に買って、いつも持ち歩いていたヤツ。
今日はふと足を止めて、使ってみようという気になった。


ちなみに、これを使わずに車道と歩道の間の杭にのせて手持ちでがんばってみた場合
露光時間1/2秒 f4 ISO1600 ↓
1208-1
1208-1

もっとも、これを使っても10秒の露光をすれば、こんなこともある ↓
1208-2
1208-2 posted by (C)scotchegg
…道行くクルマのライトが光線に。


上で紹介したのが、ミラーレスにピッタリ。
忘年会の記念撮影にもちょうどいいのではなかろうか。
ひとまわり小さいヤツもあるようで ↓



---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---
posted by scotchegg at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

7D Mark II

やっとこさ出た7D Mark II。
実は発売日に手に入れておりましたとさ。

まだ「本領発揮」の動体撮影はしてないけど、
(…というか、そんなに動きもの撮らないけど)
評判どおり、AFと高感度性能は向上しているのがわかる…気がする。

スペックとしては7Dよりも重くなっているけど、持った感じで変わるほどではない。
むしろ、バランスの向上からか、ちょっと軽く感じる。

操作系でとまどうことはないが、撮った写真を確認する際に、
拡大する手順が違うのがちょっとだけストレスだった。

モードダイヤルがロックつきになったのは、個人的にはプラス半分、マイナス半分。
それより、モードダイヤルそのもののデザインについては、前の方が好み。

待っていただけあって、撮るのが楽しい。

※クリックで別ページに移ります↓
posted by (C)scotchegg

1130-*
EOS 7D Mark II + EF70-200mm F4L IS USM
1207-*
EOS 7D Mark II + Sigma 30mm F1.4 DC HSM

---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---
posted by scotchegg at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

Canonのコンデジはどっちへ向かう?

7D MarkUと同時に発表されたCanonのコンパクトデジカメ、G7 X。
(これ↓)


型番としてはG1X MarkU(これ↓)の下位モデルでありつつ、


スタイルをみれば、S120(これ↓)を継承しているように見える。


実際に、先日の7D MarkUの発表イベントの折にG7 Xのブースでキヤノンの人から聞いたことには、S120を発展的に継承している、という位置づけだそうだ。

そのイベントの際にも実機に触れることはできたのだけれども、10月3日に発売されたので、量販店でS120とくらべながらいじってきた。

レンズの明るさと背面液晶の可動についてはG7 Xが優位なのだけれども、その分だけ厚さが増しているのをどう評価するか。

オイラは、S110を使っている。S120が発売されたころ、在庫処分で安く手に入れたものだ。(この記事参照)日常的なスナップに使う分には、室内で望遠を多用しなければ快適だ。なにより、ポケットに入れても困らない薄さが特長であると感じている。だから、このSシリーズがGX 7に集約されるならば、厚みが増したことをオイラは歓迎しない。また、とりあえずS110が健在だから、S120に乗り換える予定はない。

ただ、いまコンパクトデジカメを探している人がいたら、オイラがS110を買ったときのようなタイミングでS120を選ぶのもアリではないかな、と思う。むしろ、オイラのときは、お金を出せばほぼ同じかたちの最新型がある、という状況だったけど、今回は最新型でかたちが変わっているのだから、サイズを重視する人はぜひとも注目、ではなかろうか。

---
カテゴリー「機材」では、素人カメラマンが自分の持っている(あるいは気になる)機材について、購入の経緯や使用感などを記しています。思いついたときに記していますので、投稿日と購入日は関連しません。
筆者のモットーは「うまく撮りたい でもまずは気軽に楽しく撮りたい」です。
機材の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
---
posted by scotchegg at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする