2005年09月18日

ルパンの生い立ち

 昨日の本欄で「各位にご意見を賜りたい」と意味深な記事を書いたが、それは以下の点についてである。
 マスターがはじめた話とは「ルパン三世栃木県人説」である。しゃべり方のイントネーションがそれっぽいとのこと。それは声優の山田康雄氏の影響だろ!?という夢のない突っ込みはうっちゃっておき、では他の登場人物を含めてキャラクターの背景を探ってみよう、ということになった。以下に要点をまとめる。

ルパン:
祖父アルセーヌ・ルパンが日本に潜伏していたときにできたのがルパンの父。祖父に反発して父は四角四面の人生を送るが、ルパンはなにかのきっかけで祖父のことを知る。

次元大介:
彼の銃捌きはアメリカの雰囲気ではない。軍事教練を受けたとすれば北朝鮮あたりか。とすれば、北陸から北朝鮮に渡り、ロシア、東欧経由でヨーロッパへ。服装や酒(スコッチ)の趣味はUKを感じさせる。ただし、ヒゲの濃さや武骨さは南方の雰囲気を感じさせるので、九州、それも宮崎あたりではないかという別説も出る。

石川五右衛門:
彼のニヒルさは東北を感じさせる。剣道が盛んなところとすれば岩手あたりか。そこから武者修行の旅に出て、伊賀上野で十三代目石川五右衛門を襲名。

峰不二子:
彼女が異常なまでに金に執着するのは、金に困った経験があるからに違いない。とはいえ、諸外国の実力者を手玉に取ることができるのはセレブな生活も経験しているからではないだろうか。おそらく、彼女は埼玉県川口市の中小企業社長の令嬢として育ち、新宿へ出て遊ぶ高校生時代をすごしたのち、父の会社がかたむいて苦労の日々を経験したのであろう。ただし、町田に生まれ、横浜へ遊びに行くツールとしてオートバイを覚えたのではないかとする説も出た。

銭形幸一:
彼がICPOに行く前は埼玉県警の所属であった。すると、埼玉県出身である可能性が高い。深谷市に生まれ、幼少時からネギ畑で体を鍛え、埼玉大学から埼玉県警へ。浦和に配属され、都市部での事件解決の功績を買われてICPOへ。

そして、彼らを結ぶラインは埼京線。


・・・酒飲みの話だけれども、オイラたちは真剣。この話題だけで2時間は飲んだ。
ちなみに、モンキーパンチ氏のWebサイトで調べようと思ったら、ただいま工事中。
ホンキでご意見、頂戴したいっス!!
posted by scotchegg at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック